5月18日2007/05/19 05:16

 お待たせしました。POG本分析がある程度まとまりましたので、お届けします。本当はもう少し分析を続けたいんだけど、それだといつまで経っても発表できないからね。多少強引に書いてみようかと。なお、競馬ネタには珍しく?今回は「知らない人完全置き去り」で。説明書いてるヒマがねえ。
 
 まずは前回のおさらい。「POG本は似てる気がする」ってのが〆だった。これは本当か?そうだねえ…「解釈にもよるけど、おおむね似てる」と評していいのでは。なにせ、取材対象に大きな違いを発見できなかった。
 
 発売時期が似通ったのも、これが原因なんでしょ。「牧場行って有力馬の話を聞く」「産地馬体検査を取材する」「外国産馬のセール情報がある」ってなネタを網羅しようと思ったら、発売日に独自性が出せるわけがない。
 
 似てるのは取材対象だけじゃない。ライターの顔ぶれも結構似ている。Gallop別冊(以下「G別」と表記)付録のDVD解説担当は、青本メインライターと同一。新黒と赤本は3人同じライターを使っていた。G別・赤の外国産馬情報は同じ合田直弘氏。競馬ライターなるものの層の薄さが忍ばれるような…
 
 とはいえ、違う点はちゃんとあるのも事実。その辺の説明も含め、各本の路線を解説してみよう。まずG別。DVD付録が目玉か。動画があるのは確かに良い。ただ、文章量は少なく、言ってることもかなり一般的。馬体写真も結構「ヌケ」ありと評価した。重要な特徴として、いわゆる「クラブ馬」情報とTM情報が充実している。
 
 今年から発売の、新黒本。旧黒本はやはりなくなったようだね。馬体写真を少な目にして、「関係者のコメント」充実させたのが特徴。ある意味、一番独自色を出そうとしているかも。マンガや下らないコラム(ジャンケン解説って何だよ)といった「脱力系」ネタが目を惹いたかな。
 
 青本は、「戦術解説」が特徴かなあ。他が「良い馬を見つければ、それで良し」ってな論調なのに対し、「それをどう獲得してゆくか」というドラフト戦術に踏み込んだ解説が充実している。これを「有り難い」と思うか、「余計なお世話」と思うか…
 
 一番の古株になった赤本。良く言えば手堅い、悪く言えば「突っ走ったところのない」作り。ま、今更この本にそんなもの求める奴はいないでしょ。諸般の事情により、今年私の「一番手」だ。その辺の解説は後で。
 
 出版元も重要な情報である。G別は週刊「Gallop」増刊で、産経新聞社発売。Gallopの巻号がついてるので、完全にGallopの「一部」である。それに対し、残る3つはムック。雑誌コードとISBN(単行本識別コード)を同時に持ってる、ある意味司書の敵(笑)。新黒は「競馬王」、青は「競馬最強の法則」、赤は「FLASH」の派生商品って位置づけになるのかな?
 
 ちょっと辛口に解説してみよう。まずG別。一言で言えば「あざとい」。POG本と言うより、「GallopのスタッフがPOGについて語ってみました」的な色合いがすごく濃いのだ。内容がどうこうより、「Gallop買ってる奴は買ってくれる」みたいな奢りがあるような。写真が大きいとかDVD付録とかいう利点があり、存在意義は決して小さくない。けど、Gallopと切り離した単体として考えた場合、やや薄っぺらい気がするかな。
 
 新黒。独自性をそこに求めちゃったか…ってのが正直なところ。この世界、関係者コメントってのは「多ければ多いほど良い」のかどうか、ビミョーな気がするんだよね。この時期の関係者なんて、「自分の馬が一番!」って確信を持っているに決まっている。曲がりなりにも勝負の世界なんだから、それが当たり前でしょ。それだけに、悪い情報なんていくらつついてもなかなか出てこない。「結局どうなんだ」って部分のみに着目するなら、少し内容が薄くなると思うんだよね。その気になれば「裏を読める」のは事実だけど、そんな「ディプロマシー」ばりのテクニックを要求するのはどうなのよ。私はこの路線嫌いじゃないけど、世間は受け入れるかねえ…
 
 青本。ドラフト戦術解説を除けば、あきれるほど「堅い」作りである。去年創刊されたとき、「赤本をもう1つ作ってどうする」って思ったぐらいだ。G別に次いで「雑誌販売促進アイテム」感が漂う。ただ、実はライターの独自性は結構高い。シロウトの露出もある。これは私の中では「新鮮でよろしい」となるけど、世間ではどうなのか。
 
 赤本。雑誌との独立性は一番高い…って、本誌は一般紙(写真週刊誌)だからねえ。商売事情考えたら、「何でこんなものが」って本である。歴史は古く、ある意味作りも保守的。ただ、その分文章は一番「まとまって」いると思う。この点をどう評価するのかが重要だと思うな。
 
 とまあ色々解説してきたわけだけど、肝心なのはこれから。このネタの主題は「ネット情報時代に紙媒体ができることは何なのか、POG本から推理してみよう」であり、そこを語らないと意味がないからね。
 
 まずは仮説を紹介しよう。私が立てたのは、「読者は紙媒体に特ダネを求めない」である。理屈はこうだ。特ダネってのは、即応性が高くて狭い範囲で流通してる場合に大きな意味を持つ。つまり、「オレは知ってるけど他人は知らない」って状態に価値がある。こういうものは、現状だとネットの方が大きく勝る。即応性は言うに及ばず、「流通」なるものを考えなくて良いので「情報源が乱立してる」って状態になりやすい。おそらくだけど、特ダネがどうこうって部分で勝負するのであれば、紙媒体は圧倒的に不利だと思う。
 
 そうなると紙媒体の仕事は何か?「常識の提供」と「権威付け」だろう。情報のギャップは価値のあることだけど、同時に問題点もある。「共通の話がしにくくなる」のだ。特に日本人は「横並び体質が強い」から、常識ってモノに対するこだわりは強い。そして、何が「常識」なのかを決めるのは、結局のトコロ権威だ。特ダネは「常識じゃない」ことに価値があるので、特ダネが得意なネットは「常識の形成」って部分は弱いのではないか?ということは、権威付けの点でも弱くなりそうだ。ここを補完するのが、紙媒体の仕事…私はそう仮定してみた。
 
 この仮定から導かれる推論として、「紙媒体は扱うモノが似てくる」ってのがある。主な仕事が「常識の提供」なんだから、基本部分は外せなくなる。他と同じネタを扱っていることは、マイナスよりプラスが多いはず。また権威付けも重要だから、「良いか悪いかの境界にある」ものを「良い」「悪い」と分別するより、「良いに決まっているモノを良いと言い、悪いに決まっているモノを悪いという」ことが重視される。それがある種の基準になるんだから。その結果、どうしたって全体に似てくるのは当然でしょ。
 
 この仮説を検証すべくPOG本を比較してみたんだけど、結論から言えば「半ば当たり、半ば外れる」ってなことになったと思う。まずは当たっている部分から。取材対象がとにかく似てるのは、予想される需要が「他にない」って証拠のように思える。しかも、やってるのは結局有力馬紹介。「良いとわかっているものを良いと言い、悪いとわかってるものを悪いという(正確には、無視する)」ための取材でしょ。
 
 私が当初考えたより「ノウハウ提供系」の記事が多かった(普段無視してるので気がつかなかった)のも、当たってる部分に含めて良いかな。私は「ノウハウは自分で創るモノ」って意識が強めなので「余計なお世話」と思うけど、最近は老いも若きもノウハウ大好きだからねえ。ノウハウ情報ってのは「伝える」というよりは「教える」って性質が強い情報であり、「教える」ためには常識と権威が不可欠…ってことを考えれば、私の言いたいことはわかってもらえるかと。
 
 外れてる部分は、主に「関係者コメント」についてである。方向性は全部「良い、オレの馬が一番」であり、取材側もオベンチャラばかり言ってる気がするんだけど、それでも結構本ごとに引き出してるモノが異なっている。「方向性一緒なら、結局意味がない」って考え方もアリだと思うけど、当初の私の予想は「共通記者会見並みに共通性が見られるのでは」ってレベルだったことを考えれば、独自性はちゃんとあるんじゃないかなあ。
 
 この辺の独自性は、おそらく「ライターの基本ができてる」からじゃないかな。おそらく「単なるブロガー」には難しいことと予想されるだけに。これを「さすが」と呼ぶべきか、「プロなんだから当然のこと」と考えるかはビミョーではあるけど。さらに言うなら「実は共通記者会見レベルの共通性を持たせるべきなんじゃ」とか、「せめてここが変わらなければ、本当に区別不能になるだけ」といった見解も出ると思うけどね。ただ、私は一応プラスだととらえたい。もっとも、「こんなところがプラスでどーする」って思うのも事実なんだけど。
 
 今回は「この研究結果を受け、一般論に拡張する」のは避けたい。これをやろうと思ったら、今回ほとんど考慮しなくて良かった「TV・ラジオ」を語る必要があるんでね。これが抜け落ちた「メディアとネットの関係論」なんて意味ないでしょ。その意味では、今回の結論が「使えない」のは事実。けど、オレが書くネタなんてそんなもの。多くを期待されても困る。でも、無価値ではないと思う。それでいいじゃん。
 
 最後は、今年の1位指名予定馬を公開しちゃおう。POG本についてこれだけ書いておいて、POGそのものについて黙ってるのはどうかと思うし。事前に指名馬公言して「他人を威嚇する」のが私のセオリーだから、思い切ってバラしましょう。今年の1位は、ダンパの05(橋口厩舎)にしようかと。
 
 理由?赤本によると、橋口調教師は新たに「ダービー勝って、キングジョージ挑戦」なる野望を持ったそうな…センセ、ついに壊れましたね(笑)。いや気持ちはわかる。オレもアスコット競馬場に「リベンジしちゃる!アイシャルリターンじゃ!」って言いながら中指突き立てたんだし。でもこれは、「日本馬のキングジョージ初制覇を見届けなきゃ気が済まない」と公言してる私に対する挑発です。「ハーツクライのご褒美にもらった」などと(各所で)言ってる、ダンパの05でそれを達成してもらおうじゃありませんか。もちろん、私もついていきますよ。つーか、アスコットまで応援に行かないような奴には簡単に渡せないな。せめて私とのジャンケンに勝ってくれ(笑)。

コメント

_ JimmiXzSq ― 2017/05/19 13:36

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fohpl.asablo.jp/blog/2007/05/19/1516229/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。