11月12日2007/11/12 22:53

 今回はエ女杯回顧。エリザベス女王杯は「エ女杯」と略す派と「エリ女」派がいるけど、私は前者ってコトで。なお、昨日やらなかったのは、一応チャンとした「情報」仕入れたかったからである。
 
 去年のこのレースはすごかった。すぐ前のレースで「私の元PO馬に魔神騎乗」などというトンデモネーことが発生した結果、来日したばかりの魔神いきなり騎乗停止。あげくそれが妨害受けた本田にも伝染したか、大本命カワカミプリンセス1着降着。私と魔神のよくわからない相克が、世間に大迷惑を与えた。いやあ、怖いですねえ。
 
 去年が去年だけに、今年も何かあるのかな…とWINSに向かったら、1番人気確定のウオッカ出走取り消し…おいおい。言っておくけど、これは私&魔神のせいじゃない。魔神は日本にいないハズなんだから。しかし…なんか呪われてるな。来年はどうなるコトやら。
 
 1番人気出走取り消し…これはこれで衝撃だけど、すぐ気を取り直して予想に取りかかる。ふっ、「海外で日本馬出走取り消し」を経験したことのある私だ。この程度で動揺したりはしない。それに、そもそもウオッカには「そこまで」思い入れないし。キングジョージ蹴飛ばして宝塚記念に出走するような馬なんだし(おい)。
 
 しかし…こうなると、ダイワスカーレットはさすがに斬り飛ばせない。差す馬が消えたから、先行馬が苦しくなってだなあ…とか考えたんだけど、よーく考えたら「かかっていきそう」なのがフサイチパンドラとアサヒライジング。鞍上は「空気の読めない男」ルメールと、「空気を読みすぎる男」善臣…ダメだこりゃ。
 
 相手は何にしよう?ここで気になったのは、やはりルメール。なーんかワケわからんことやりそうな気が…魔神と違って私とは相性いいはずだし。そりゃあキングジョージじゃスッテンテンにさせられたけど、ありゃあ相手が悪すぎる。「因縁の宿敵」モンジューの息子&天才に負けただけだもの。馬の実力以前の段階で相手が悪い(苦笑)。てことは…
 
 結論から言えば、バッチリ獲れました。ま、他にも結構買い散らかしてたので、儲けは少ないけどね。うんうん、やっぱり魔神がいないと違うなあ(笑)。「魔神が日本で騎乗できるはずなのに、何故か日本にいない」ってのがベストなんだね。ついに魔神対策を学習したぞ。なお、これがどれぐらい役に立つことなのかは考えないようにする。
 
 しかし…これで最優秀牝馬はホントわけわかんなくなりましたな。フツーに考えればダイワスカーレットで決まりなんだけど、ウオッカは「ダービー馬」だからねえ…幸い取り消した原因は「軽いケガらしい」ので、今後JCもしくは有馬記念勝って、「アタシが一番!」ってトコロを見せるかも知れないけど…さすがに相手が悪いような。けど、考えてみれば凱旋門賞に出走意欲があり、なおかつ「このままじゃ勝てそうもないから」って理由で遠征回避したってことは、「マトモならメイショウサムソンやディラントーマスに勝てる」ってことだよな。さーて、どうなるかねえ。
 
 それと、スイープトウショウにも触れておこう。これで引退するらしいので。相当強い馬ではあったんだけど、あの性格ではねえ…気の強さが良い方にも悪い方にも出た馬だったからなあ。最後に有馬記念出走させても良かったのかも知れないけど、マトモに調整できるかわからないようじゃあ、そんな計画立てられないでしょ。今後は母ちゃんになるんだから、あまりワガママ言わないように(苦笑)。
 
 例年ヒドい目に遭う「魔神襲来の季節」であるにも関わらず、馬券を当てた。これはデカい…と言いたいところだけど、魔神不在じゃ別に不思議でもないか。それに、馬券は当てたけど、ある意味予想は外れているのだ。私は当初「ウオッカ本命で、ダイワスカーレット消し」って予想だったからねえ。してみると、ウオッカは「オレの予想を当てるため」競馬の神によって出走回避に追い込まれたのか?魔神が私の「悪い流れ」を持って行ったと考えれば、別に不思議じゃないよなあ。こういう形での的中ってのは、いかにも「魔神の所業」っぽいし…えっと、やっぱりオレと魔神のせいなんでしょーか?誰か違うと言ってくれ…

コメント

_ BHW ― 2017/04/16 13:56

Heya i'm for the primary time here. I came across this
board and I find It truly helpful & it helped me out much.
I hope to provide something again and help others such as you helped me.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fohpl.asablo.jp/blog/2007/11/12/1905967/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。