11月25日2014/11/25 23:55

 唐突に復活。色々あったんだけど、中間はすっ飛ばしてとにかく復活。細かい経緯は省略して本題へ。
 
 先週のゲームマーケット2014(秋)の戦利品整理がまだ終わってないというのに、23日はコミティアへ。30周年とやらで拡大開催。会場が広いぜ…そりゃまあコミケの方が広いんだけど、アッチは「全会場巡回」なんてハナから諦めているのに対し、コミティアは体力・気力・時間の許す限り巡回を試みるからなあ。
 
 まずは「忠誠を誓っている」大手サークルの品をゲット。正直「創作オンリーのコミティアに来るな!」と言いたいサークルもあるんだけど、作家先生が来たいと言うんだから仕方ない。それにドコまでも付き合うのが、忠誠心というモノだ。
 
 その後は…テーブルゲーム部参加サークル巡り。あのなあ。ゲームマーケット直後のコミティアだから、活動休止すると思っていたのに!ヤケクソ気味に新作全部入手した。多分ゲームマーケットで入手済みの品が混じっていそうだけど、気にしていられない。今回は景品その他と交換可能なコイン配っていたので、ガッツリ入手。ソレを主催サークルのトコロに持って行ったトコロ、「うわ、コンプリートだ」などと感心された…そーゆーコトするのがF男である。
 
 その後は巡回をしていたんだけど、テキトーなトコロで切り上げてイベントに顔を出した。マジに体が2つ欲しかったんですけど。カレンダーはある程度ゲットできたけど、音源系を攻めきれなかった…ソコまでして顔出したイベントは2つ。1つはテーブルゲーム系サークル主催の試遊。開始時間に間に合わなかった事もあり、見学してました。もっとも、なんとか上手い口実見つけて参加者ではなく見学者になれないかなあ…と考えていたくらいなので、渡りに船だったわけだけど。
 
 なぜ見学なのか?その方がじっくり観察できるから。参加者だと「盛り上げなきゃ」って意識が働くけど、見学だとその配慮は不要。思いっきり眉間にしわ寄せて、真剣に観察してきました。とりあえずの感想。ルール簡単なテーブルゲームの試遊としては、多分標準的なモノ。及第点はあげられる。ただ、どれだけ「勧誘」できたのかは何とも。もっとも、これは難しいことに挑戦しているからこそ突き当たる「カベ」なので、駄目とか悪いとか言う話じゃない。一応似たようなコトに携わっている人間に数えられている人間として、大いに勉強になりました。
 
 もう1つは、同人誌印刷会社合同セミナーの最後を飾るトークショー&質問会。聞いてみたい事があったので。私は小物グッズマニアなので、「最近イチオシのグッズは何?」ってなことを聞いてみました。抱き枕カバーだのタペストリーだのといった「数多く出ているのは知っているので、聞くまでもない」回答ばかりだったらどうしよう…なんて心配もしたんだけど、そこは各社すこしひねってくれました。なお、この質問にはちょっとばかり「隠された意図」がある。最近ボードゲーム系を推しているポプルスさんに「ゲームイチ推し」と言ってもらいたかったのだ。コレは狙い通り上手くいった。ふっ、これで少しは同人ゲームの普及に貢献できたかな。アホな貢献って気はするけど。
 
 疲れまくって帰宅と同時にブッ倒れ、迎えた翌日。向かいはまたも東京ビッグサイト。もちろんお目当ては即売会。東方なんたら祭…とかいうデカいイベントがあるのは知っていたし、もちろんソコも目的だったんだけど、コレだけだったら「疲れているからやめた」だろう。「コミックNEXT」とかいう新設の即売会がこの日のメインだ。
 
 いやね、正直前日までは「見送ろうかなあ」と思っていた。土曜出勤だったので、かなり疲れていたし。ただ、印刷会社セミナーで「ねこのしっぽ」(印刷会社)の社長が「明日初開催されるイベントが続いてゆくよう、企業参加して盛り上げていこうと思ってます。」なんてコトを力強くのたまっていたので、なんか無駄に「盛り上げに行くか」って気分になったのだ。
 
 しかし…なんつーか、この即売会は閑散としてました。参加人数の絶対数はそこまで少なくなかったと思うけど、広さに見合う規模じゃない。人口密度の低さは相当なモノで、サークルの前を素通りするのが申し訳なく思えるほど。アレは色々厳しかったんじゃないかなあ。私はそれなりに散財したけどね。
 
 一応はついでになる、東方系即売会でも色々とゲットしました。コミティアで思うように音源入手できなかった関係上、この日は音に飢えていたようで、なんかCDをしこたま入手してしまいましたとさ。ここで1つ小ネタを。かなり混雑していてそれなりに五月蠅い場所だというのに、試聴用機材にオープンタイプのヘッドホン(外の音が聞こえまくる)使っているサークルが…しかも、ご丁寧な事にメーカーはAKG。私の愛用品と同じ。どう考えても即売会での試聴には向かない機材だけど、でも音の味付けはサイコーだよね…なんて話をしてきました。もちろんモノを入手した後で。
 
 なおこの東方系即売会、アナログゲームコーナーがありました。流石に入手しなかったけど。いくら何でも「疲れた」。私だって別に「同人アナログゲームフルコンプリート」なんて目指してない。ただまあ、「そーゆー世界が存在している」ってことは把握しておきたいし、ある程度は理解できるようになっておきたい。その程度にはマニアである。
 
 なんかとりとめないけれど、今回の「報告」は以上です。我ながら色々オカシーと思うけど、多分考えたら負けなんだろうな。それが私。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fohpl.asablo.jp/blog/2014/11/25/7503355/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。