6月9日2013/06/09 23:38

 唐突だが、来週日曜に大阪遠征決定。土曜初夜行での到着なので、迎撃されることはないと思う。目的は同人誌即売会。諸般の事情により、ComicCommunication17なんぞに行く羽目に陥った。一応「中小即売会偵察」を兼ねているからいいんだけどさあ…なお、比較的アッサリ偵察まで終了しそうな規模なので、時間かけて安く帰還する(と言っても「ぷらっとこだま」使うか否か程度)か、日本橋の偵察を行うかを思案中。ちなみに、かなり久々に当日カタログ仕入れます。事前調査ほとんどナシ。これはこれで楽しみだ。
 
 本日の話題は、軽く流す程度と言うことで、金曜夜の飲み会の話。ウォーゲーマー向けSNS「MustAttack」不具合対応タスクチームの打ち上げ飲み会に誘われたので、顔を出してきたのだ。ヘンなトコロに顔を出し、肝心なトコロにいない。それが私と言うことで。誘われた…と表現はしたけれど、「いつものよーに強引に割り込んできただけじゃん!」って説もある。色は悩んだけれど、あえてこの色です。
 
 場所が新宿なので、到着は遅めとなる。職場からだと少し遠いんだよな…深く気にせず主催を呼びつけ、店に合流。主賓のpegassacity殿(札幌から上京)と、主催のHA殿がサシで飲んでいるトコロに割り込ませてもらった。1次会終了間際に八王子から大返しして来られたSin殿が合流し、以上全員集合。タスクチーム3名・部外者1名。ま、他にも部外者が参加予定ではあった(残念ながらキャンセル)ので、別に厚かましいわけではない。
 
 Mustattackの不具合の内容及び修復の苦労については、門外漢なのでパス。私に技術的なことを聞かれても困る。ただ、一応「キチンとした」対応をしてくれたと聞いている。しょせん無料SNS、しかも公式性って何?ってモノである以上、私個人は「不具合直したけど、過去データの一部が消えました。悪しからず」で片付けられても文句は言えないと思っているんだけど、そうならないように配慮して修復していただいたそうな。本来ならカネ取る内容の作業だというのに。有り難い話だ。こういう方々に「有り難うございます!」とゴマをすり、ヤル気を高めてもらうのは大事だよね。もちろん、ちゃんと「太鼓持ちモード」で出撃しました(笑)。
 
 会話の内容は専門的でついて行けない…モノではなかった。まあそーだよな。1人とはいえ門外漢がいるんだし、別に共通の話題はあるんだし。その意味では、ごくフツーの飲み会だったとは思う。なんつーか、私という酒癖のあまり良くない奴がいるって部分を除けば(苦笑)。
 
 ただまあ、私としては色々収穫はあった…って、飲み会で「収穫ゼロ」はむしろ珍しいとは思うけど。私だって「楽しく飲んで、有意義な情報を交換し合う」ように勤めてはいるんだよ?勤めているだけ、って話はあるけど。その点、私は何だかんだ言って「昭和生まれの人間」であり、「コミュニケーションの基本は顔を合わせて飲むこと」だと思っている。多分だけど、この日の参加者全員がそう思っていたんじゃないかな。私以外の参加者がどーゆー資格で集まったのかを考えれば、ちょっと面白い。
 
 個人的なツボは、「MustAttackの使い方」に関する話かなあ。正直、私はこのブログがメインであり、MustAttackの方は「単なるダベりの場」としか思ってない。つか、曲がりなりにも「長文でも読みやすいように工夫してある」このブログに対し、MustAttackは長文だと読みにくいからなあ。コミュニケーションツールの1つとしては便利だし、それなりに重宝してはいるけれど、最も重要なのは「連絡事項を受け取る」であり、それ以外はかなりどーでもいい。明日閉鎖されたら流石に哀しいし不便だけれど、まあ困るってレベルじゃないよね…ってなもんだ。
 
 ただまあ、私よりもより使い込んでいて、大事なモノだと思っている人もいるんだとは思う。不具合修復その他はそーゆー人間を基準に考えなきゃイケナイ(それはわかる)ので、色々とタイヘン…という話があった。むうう。一応アタマでは「大切に思っている人基準で考える必要あり」ってのはわかる。わかるけれど、やっぱり人間どーしても「自分基準」でモノ考えちゃうよね。飲み会で実務に携わった方々の話を聞くと、「自分とは使い方が違う人間」の意見というか気持ちというか…がわかって興味深い。
 
 まあ、そーゆー「ちょっと真面目な」話題も交えつつ、基本はバカな話をして盛り上がっていただけです。良くある話ですね。その意味では、イチイチレポートをココに挙げる意味は無い。重要なのは、「F男なりのやり方」というおバカなモノとはいえ、MustAttackユーザーを代表するような形で、感謝を捧げるべき方々に感謝を捧げてきた、って部分だけ。感謝したいのに、様々な都合により飲み会に参加できなかった方なんて山ほどいるハズなんだから、「とりあえずF男を派遣しておきました!」って報告は必要でしょ。なお、その報告を聞いて「そうか。それなら安心だ」と考えるのか、「う~む、不本意だが仕方ない」と考えるのか、はたまた「F男?そんなのしかいなかったのかよ…」と考えるのかは、皆様の自由です。個人的には、いくら狭くて小さい業界とはいえ、もっとマシな人材はいくらでもいたような気がするんだけど…(苦笑)。

コメント

_ BHW ― 2017/04/12 20:42

I am no longer positive the place you are getting your information,
however great topic. I needs to spend some time learning
more or understanding more. Thanks for wonderful
info I was looking for this info for my mission.

_ BHW ― 2017/04/16 13:15

Can you tell us more about this? I'd care to find
out more details.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fohpl.asablo.jp/blog/2013/06/09/6850461/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。