6月11日2009/06/12 01:00

 本日のネタは、比較的平和に科学ネタ。超新星爆発について。あくまで「ひょっとすると」だけど、結構有名な星が超新星爆発するかも…って話が出てきたので、それをお知らせしようかと。
 
 超新星爆発とは、恒星(自前で光る星。太陽とか)の「最期」の1つ。大きくて重たい恒星が、その最期に大爆発を起こして「吹っ飛ぶ」もの。望遠鏡のない昔々は「今まで何もなかったところに、いきなり星が出来た」ように見えたので「新星」と呼ばれている。
 
 この超新星爆発、銀河系全体で考えればありふれた現象である。星の数なんて山のようにあるわけで。ただ、その多くは肉眼で確認できるようなモノじゃなく、専門家にしかわからない。大爆発してさえそんな程度なので、元々の星の状態もよくわからん。超新星爆発ってのは、「そのうち銀河のどこかで起きる」とは言えても、「次はこの辺で起きそうだ」なんてことは、現在の技術じゃわからない。
 
 とはいえ、超新星爆発の仕組みはある程度わかっているので、「いずれ大爆発しそうだ」って星はいくつか見つかっている。もっとも、天文学で言う「いずれ」ってのは数万年以内で…ってな話ではあるけど。それじゃ素人の役には立たないけど、そーゆーモノなんだから仕方がない。
 
 ところがだ。そのうちの1つが、「なんか最近変な動きを見せ始めた」そうな。どうやら、怖ろしい勢いで縮んでいるらしい。恒星が膨らんだり縮んだり…ってのは良くある話で、必ずしも超新星の兆候ではない。今まで知られていなかっただけで、良くある話なのかも知れない。でも、「一般人レベルで考えても近いうち」に超新星爆発する兆候かも知れないのは事実だ。
 
 天文学に興味を持つ人間なら、この時点で「おおっ」と思うはず。でも、一般人には関係ない…ってレベルの話じゃない。この「爆発しそうな星」、かな~り有名で、場合によればド素人でも「あれか」ってわかるような星なのだ。なにしろ、オリオン座のベテルギウスなんだから。
 
 オリオン座のベテルギウス。日本では冬を代表する星座の1つで、そこにあるかな~り明るい星である。「冬の大三角」の1つ。昔学校で習ったから、何となく覚えが…って人は多いのでは。あれが近いうちに大爆発するかもしれないのだ。スゴいでしょ。
 
 この星が超新星爆発したら、どうなるのか?とりあえず、冬の夜空は相当明るくなる。元々かなりよく見える星だから、昼でも肉眼で確認できるくらい明るくなるかも知れない。そういう状態がしばらく続き、その後ベテルギウスは消える。ただ、おそらくは残骸が確認できるはずだ。肉眼でも「暗い、やたらもやもやした星」が見えるんじゃないかなあ。私に言えるのはこれぐらいだ。
 
 そんな星が大爆発して、地球に悪影響はないのか?うーん…有力な推定では、「あんまり影響がない」となっている。ただまあ、天文学者の言うところの「あんまり影響ない」なので、人間とか言う生物種は2割ぐらい減るかも知れないな。天文学とか古生物学とかは「調べている対象が対象なので、その程度のことしか言いようがない」学問だからね。
 
 もっとも…最近の研究では、超新星爆発に伴う「ヤバいモノ」(放射線とか)は特定の方向に強く吹き出す傾向があり、それが何かの偶然で太陽系方向を向いていた場合、地球死滅もあるかもね…って話もある。ま、だからって防ぎようがないので、気にしても仕方ないのでは。
 
 望遠鏡発明以前から名前が付くほど有名な星(当然、数は多くない)が「吹っ飛んだ」例ってのは、とりあえず確認されていない。なんとか原人とかいうご先祖様なら…って話はあるのかも知れないけれど。そーゆー意味では、我々は「今まで見たこともないモノ」を目撃できる可能性がある。もっとも、現時点では「その可能性が否定できない」レベルであり、来る来る言われていながらちっとも起きない、東海大地震よりも遙かに眉唾だと思っていいけれど。
 
 可能性から言えば、今現在地球上にいる人間が「ベテルギウス超新星爆発」を目撃できる可能性は極めて低い。仮に今回確認された現象が「超新星爆発の兆候」だったとしても、「数百年以内に爆発する」(天文学レベルでは「一瞬」だ)ってな話になりそうだし、そもそも「確認されてなかっただけで、実は良くある話」かもしれないからだ。ついでに言えば、超新星爆発確認と同時に人類が滅びる可能性もあるのであって。ただ、永遠不変に感じられる夜空の星が、吹っ飛んでしまう「かも」と考える(心配するのか期待するのかはさておき)のは、アリじゃないかな。今までもそういう話はあった(数万年以内に吹っ飛びそうだって話は知られていたから)けど、多少現実味が出てきたのは確かだから。
 
 今は夏なので、日本ではベテルギウスは観察しにくい。けど、冬になったらすぐに観察できる。流石にそれぐらいは「持つ」んじゃないかな。そんでもって、冬の空に輝く赤い光を眺めながら、諸行無常の思いに浸るのも悪くないのでは。まあ、我々素人に出来る話ってのは、この程度だからして。

コメント

_ shoe lifts insoles ― 2016/09/10 23:38

Very interesting details you have remarked, thank you for putting up.

_ dress worn ― 2017/01/19 19:25

I am continuously invstigating online for tips that can benefit me.
Thank you!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fohpl.asablo.jp/blog/2009/06/12/4361739/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。