12月12日2008/12/13 02:47

 Googleって会社は、最近傲慢だと思う。昔からやってる検索関連は、まあ許そう。問題はGoogleが作ったブラウザ、Google Chromeだ。製品版がリリースされたらしいので、「また試してみるか」とダウンロードしたら、何も言わずにメインのブラウザに居座ろうとしやがった。Hong Kong Jockey Clubのサイトをマトモに表示できないブラウザのくせに、いい度胸だ。β判はそんなことしなかったんだけど、「製品版だからいいだろう」ってコトか?「いや、選択画面あっただろ!」って文句言われそうだけど、過去の事例(色々ダウンロードしている)と比べて、ものすごくわかりにくかったことは間違いない。使い勝手が特別良いワケじゃないとわかっている(β判は試したから)ので、比較のためのテスト終了後はアンインストール決定。
 
 本日の話題は、あえてPC買い換えを語ってみようかと。先日のレスでそーゆー話題が出ていたので。私はココの管理人なので、長文レス使うよりは本文対応しちゃった方が早いし。
 
 PC買い換え。私が特殊な事情により強いられたのは、皆様ご存じだとしておこう。まあ、いずれやるつもりではあったんだけど。ただ、いわゆる「緊急対応」だった関係上、いくつか心残りもある。その反省も含めて、私なりに「どう乗り換えるか」を考えてみよう。
 
 旧PCのFKP改は、これまた緊急対応マシンだった。そのため導入当初からスペックは「ソコソコ」止まり。とはいえ、「滅茶苦茶遅い」という印象はなかった。クソ重いソフトをバリバリ使っていたワケじゃないので。新機種導入計画は、OS乗り換えと同時になる予定だったのだ。Windows Vistaって馬鹿げて重いOSだと評判だったので。
 
 現在のFloral Pegasusは、一応「問題なくVistaが動く」マシンである。けど、動いているのはXP。これには理由がある。データサルベージという重要な問題が最優先だったので、混乱を避けたかったのだ。ただでさえ緊急事態なのに、OS乗り換えに伴う問題まで抱えたら、心が折れかねない。そのうちOSアップグレードに乗り出す予定ではあるんだけど。
 
 私の印象としては、XP使っている限り、よほどヘビーな使い方しない限りは、まだ乗り換える必要はないと思う。ただまあ、そろそろサポートが切れそうだし、色んな意味で「ちょっと遅いなあ…」と感じる機会も増えていると思うけど。特に、洋ゲー(外国のゲーム)をプレイする人はそう感じるのでは。洋ゲーって、ヘビーなスペックを平気な顔で要求しやがるからなあ。正直、「ゲームってモノはそうじゃねーだろ」と言いたくなるくらい。
 
 今現在PC買い換え計画がある場合、選択肢は3つ考えられる。1)XPモデルを購入し、後にOSをアップグレードする、2)Vistaモデルを購入し、マシンもOSも一気にアップグレードする、3)そのうち出るという、新OSの対応モデルを待つ、である。まあ、事情によっては「OSは古いままじゃないと困る」「Mac OSが…」「Vista対応モデルだけど、買い換えたい」とかあるんだろうけど(笑)。
 
 この3つのうち、ドレがオススメか?うーん…一長一短あるから何とも言い難いけど、あえて言うなら2)かな。Vistaモデルを買い、マシンだけじゃなくOSも一気に交換した方がいいと思う。理由はちゃんとある。トラブル対策だ。
 
 トラブル対策なら、1)のXPモデル購入がいいのでは?そう思うかもしれない。確かに、この方がトラブルに遭遇する可能性は減る。けど、これは問題の先送りだ。OS乗り換えって、下手するとマシン買い換えに匹敵するほど「トラブルが怖い」存在だ。よって、マシン換えた時とOS換えた時の2回に分けてトラブルに遭遇するか、まとめて遭遇してまとめて解決するかの違いだと考える。
 
 別々に対応するのと、まとめて対応するのはどちらが楽か…って問題だけなら、似たようなモノかもしれない。大きな違いは、実は「手元にサブマシンがあるかどうか」である。マシン買い換えた場合、自動的に手元に「前のPC」という名前のサブマシンがある。よって、非常時に旧PCを使って作業を行える。ところが、マシンだけ買い換え、後にOSアップグレード…って手法をとると、OSアップグレード時にサブマシンが動かない(捨てちゃった、重要なパーツ流用しちゃった、壊れた、といった理由で)場合がある。コレは極めてマズい。
 
 私の実例で言えば、OS再インストールが意味不明なメッセージを表示して中断した時、ホントに打つ手がなかった。マニュアルなんてクソの役にも立たないし、Webで情報調べたくても、肝心のPCが動かないんだから。そんな時の対策も、「手元に別のPCがある前提」ってモノが多い。けど、個人でそんなマシンがあるって奴は、そう多くはない。
 
 問題が機器関連らしい…となった時も問題である。検証が必要なのに、手元に検証用のマシンがないと相当困る。悪夢は何と言ってもHDDトラブルだ。何もかもブッ飛んだのか、OS関連だけイカれたのかは重要だったりするんだけど、検証できないと「全部ブッ飛んだとみなす」しかなくなる。まあ、自分で作ったり、ダウンロードしてきたデータファイル(デジカメ映像など含む)についてはバックアップがあると仮定しても、各種アプリケーションの設定データは「生きてるか、死んでるか」によってかなり違うんじゃないかな。これは下手するとアチコチに点在していやがるので、失われやすいんだよね。
 
 ただまあ、一部で「欠陥OS」とまで悪口を言われているVistaはイヤ…って人は多いと思う。私も「新OS待つか?」って考えていたくらいだ。実を言えば、1)はXPマシン購入→VistaへOSグレードアップ、だけではなく、XPマシン購入→新OS発売後に一気にグレードアップ、って手法も視野に入れている。この場合、選ぶべきは1)より3)じゃないかなあ。新OS導入した直後に「うぎゃー!」って話は多そうなので、まだ手元に旧OSマシンが残ってる段階で作業した方が良いと思う。新OSは「Vistaのバグフィックス版」って話もあるので、XP→Vista(または新OS)と違ってVista→新OSはトラブル遭遇率が低そうだし。
 
 3)の難点は、パーツ流用問題かなあ。新OS対応モデルって、下手すると「昔の規格のHDD取り付ける、IDEコネクタがない」からね。まあパーツ流用は諦めるにしても、データ移行が大変になる。それに備えて大容量のUSB接続外付けHDDを買うことになるかな。ま、こーゆー品はあって困るワケじゃないので、それを覚悟してもいいんだろうけど。ちなみに、私はそれを視野に入れて外付けHDD購入し、更新頻度の低いデータをコピーしてる時点でPC故障した。
 
 ここまで解決したとしても、じゃあ具体的にどんなPC買うのか…って問題もある。Intelがまた「新しい規格の」製品出しやがったからねえ。しかもこの規格、長持ちするかどうか未知数ときてる。いっそのこと現規格でしばらく続けそうなAMDモデルにしたくなる(私はAMDモデルにした)けど、このメーカーのCPUを信じるかどうかは…金銭的問題からVGA内蔵MBモデル(要は廉価版)を選択せざるを得ず、なおかつVGAの味付け(細かいチューニング)に対して「Intel純正<NVIDIA<<<ATI(現AMD)≦Matrox(一般向けじゃなくなっちゃったメーカー)」という偏った思想を持つ私だからこその選択って気もする。
 
 ちなみに、現時点で私が「予算潤沢に使って、1台組むとしたら」どうするか?うーん…現時点では、Core i7モデルは組まないなあ。出たばかりの新規格品って、どうも割高で。それより、やたら割安感があるAMDモデルに惹かれちゃうかも。コストパフォーマンス良さそうだし。価格表検索してたら、CPU載せ替えたくなったくらい(苦笑)。Intelの石使うなら、無難にCore 2 Duoかなあ。そんでもって、「初のIntel純正マザーボード」にチャレンジか。もっとも、実際買う時になって「やっぱりコストパフォーマンス悪いぞ」とか言って、NVIDIAのマザボに走りかねないけど。で、VGAは…誰か先日発売された、Matroxの新VGA(やたら高い)のベンチマーク結果教えてくれ。「VistaのAeroが動く」(フツーに使うなら、そうじゃなきゃ困る)って話しか伝わってこないのだ。やっぱり3Dとか動画再生は駄目駄目っぽいけど、気にはなる。自作する以上、やっぱりキテレツなパーツ組み込んでナンボでしょ!
 
 とまあ、最後にまるで参考にならないコトを吼えたわけだけども、PCの性能なんて、最後は趣味の世界だ。アレコレ考えるのも楽しいはずだから、大いに悩むといいのでは。なんか答えになってない気もするけど、ここはそーゆートコロです(苦笑)。