2月11日2006/02/11 22:30

 本日の話題は、久々に野球ネタ。球春はとっくの昔に来てるからねえ。期待・不安ともに高まってますよ~!今年はどうかなあ。
 
 とりあえず、今年は戦力が充実してると思う。久々に「どっか行っちゃう」選手いなかったので(苦笑)。だから優勝とは言わないまでも、まあヒドいことにはならないんじゃない?Aクラスはいただきと豪語していいような。
 
 まずは先発投手。石井一久が帰ってきたのは大きいねえ。これで「比較的信用できる」左の先発が3人。逆に右は館山・川島が「病み上がり」だけど、開幕には間に合いそう。これにガトームソン・石堂がいて、新人の高木、2年目の松岡あたりが先発を狙っていて、ゴンザレスも先発可能。まあ、頭数は足りてる気がする。
 
 中継ぎ・抑えも不安は少ない。石井弘・五十嵐・河端の「三羽ガラス」は元気だし、去年ブレイクした吉川も大丈夫そう。ここに高津が加わりそうで、さらに木田もいて、ゴンザレスに新人の松井に左の高井・佐藤賢が。継投システムを統括するのは去年同様伊東コーチだろうから、単に頭数だけってことはないでしょ。今年も要所はキッチリ締めてくれそうだ。
 
 打線はどうか?仮に青木に去年並を期待するのは難しいとしても、リグス・宮出はそこそこやってくれるでしょう。これにラロッカが加わって、岩村・ラミレスは順調なんだから、去年以上を期待してもバチは当たらないのでは。
 
 難点は守備か?年齢と監督兼任の激務から言って、古田に多くは期待できないからなあ。リード面はともかく、肩には少し不安がある。野手の守備も「名手揃い」とは言えないような。とはいえ水準には何とか達している気がするので、さほど気にしなくていいのかも。
 
 このように、戦力は足りてる気がする今年のスワローズ。じゃあ優勝か?うーん…どうだろ。戦力が揃ったと言っても、「特に大きな隙は見あたらない」って程度の気が。突き抜けて勢いに任せて押し切る…ってのは難しそう。多少混戦気味になった方がいいんだけど、こればっかりは他球団の調子次第だからなあ。
 
 強敵は、まず虎か?去年は多少できすぎと見るけど、それでも侮りがたいのは間違いない。去年よりマークが厳しくなることを祈りたいところ。竜は「カモを作る」のが上手いので、去年同様交流戦で苦戦して欲しいなあ。ベイは去年のAクラス入りがどう出るか。自信に繋がるとちょっとイヤかも。巨人はあの投手事情じゃ…と言いたいけど、尾花コーチが立て直してるってのが不気味。それでもまだ時間がかかるってことにしておこう。広島はキャンプの猛練習やめたのがプラスに出そう。それでも苦しいと見るけど、どうかなあ。
 
 というわけで、私の予想はAクラス。優勝は色んな意味で他球団次第。平凡な予想だね。ただ、これだけは言える。もし優勝できたのなら、日本一である。「プレーオフがないのでセリーグ不利」ってのが定説だけど、野球巧者のスワローズなら何とかしてくれると思う。だから、セリーグの意地を見せるため、ここはスワローズに優勝譲ってもらいたいんだけど…駄目?